メニュー

おねしょ その1

おねしょは5-6歳以降も続くときは夜尿症と呼びます。

頻度は5-6歳で15%、小学3年生で8%、小学5年生でも5%程度のお子さんにみられます。

12歳を過ぎると多くは自然に改善しますが、成人でも0.1-0.3%にみられます。

 

原因は主に5つとされています。

①「夜間の尿量が多い」

②「夜間の膀胱容量が小さい」

③「睡眠障害」

④心理的ストレス

⑤膀胱や腎臓の病気

 

この中でも原因として多いもの①と②について説明します。

「夜間の尿量が多い」

夕方以降の水分摂取量が多いと、夜間の尿量が多くなります。しかし、夕方以降の水分摂取量が適量でも、夜間の尿量が多いこどもがいます。夜間の尿量をコントロールするのに重要なのが、抗利尿ホルモンです。これは、脳から分泌されるホルモンで、昼間少なく、夜になると多く出ます。そのため、夜につくられる尿量は昼間につくられる尿量よりも少なくなります。抗利尿ホルモンの分泌のリズムは、通常、成長とともに整ってきますが、夜尿症のこどもの中には、昼間は普通のこどもと同じなのに、夜だけ抗利尿ホルモンの出方が悪いため、夜間の尿量が多くなっていることがあります。

「夜間の膀胱容量が小さい」

夜間の膀胱機能はこどもの成長とともに発達していき、夜間は昼間の1回の尿量の1.5-2.0倍はためられるようになり、4-5歳になると夜間トイレに一度も行かなくてもよい位のおしっこをためられるようになります。しかし、夜尿症のこどもの中には、膀胱の機能が未発達で、膀胱のためが小さいことがあります。また、寝る前に排尿しても全部出せずに尿が残ることもあります。

 

 

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME