メニュー

こどもの便秘・その1

 こどもの便秘症は週に2回以下の排便もしくは便秘によって痛み、おなかの張り、腹部不快感、不安また排便する際の痛みや出血を認めるときとされています。ひたらく言うと、排便に関して困り事がある状態です。一般的な1歳までの平均排便回数は2-3回/日、1-3歳では1.5回/日、3歳以上では1回/日とされています。

 頻度は小学生で10-20%、女子高生で30%とも言われています。起こりやすい時期は①母乳からミルクへ変更するときや離乳食開始時、②幼児期のトイレトレーニング中、③小学校進学や学校でのトレイ回避の3つが有名です。5歳以上の便秘のこども達の約1/4は成人になっても便秘が持続する報告もあり、早期に適切な対応がも求められています。

 便秘のメカニズムは、便が、大腸に長時間停滞すると水分が吸収され便は硬くなり太くなったりします。太く硬い便を排泄すると排便痛や肛門裂傷を生じます。このため、こども達は排便を嫌がるようになり、便の停滞時間がさらに長くなります。このことが水分の再吸収を助長し、更に硬い便が貯留し、悪循環が繰り返されます。常に大腸内に便が貯留すると、大腸は拡張し腸壁の進展刺激に対する感受性が鈍くなり便意が消失します。すると大腸内にはさらに多量の便が長時間停留することとなり、大腸の拡張が悪化します。大腸が拡張してしまうと治療が長期化することがあります。

 当院では詳しい問診、診察、検査(レントゲンあるいはエコー)にて便秘の診断を行っています。

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME