メニュー

小児循環器外来

 私が、小児科医になりたての頃、心臓病に苦しむ小さないのちの闘いを目の当たりにしました。壮絶な闘いの中で、再度いのちが輝くお子さんや残念ながら力尽きてしまうお子さん達に出会いました。それ以降、こどもの心臓病を抱えたこども達に多くのことを学びました。学びの中には医学的な知識や技能にとどまらず、こども達の気持ちや苦しみ、両親の心配や不安、運動制限の困難さ、教育機関のジレンマ、福祉制度の不完全性、親元を離れる際の注意点などです。15年以上の小児循環器診療の中での学びを少しでもお返ししたいとの思いから、小児科外来の傍ら、小児循環器外来を設立しました。

 当科では毎週火曜日14時から15時、毎週土曜日14時から17時までの時間帯は小児循環器外来のみを行っています。感染症患者さんと接触のないように配慮するとともに完全予約制ですので待ち時間短縮に取り組んでいます。上記時間内であれば、初診の方でも簡単にネット予約できる点も好評を頂いております。生まれたての赤ちゃんなどすぐに診察を希望する場合やご都合が悪い際には他の時間帯も対応可能ですので、お電話頂ければと思います。また、相談の内容が複雑な場合でも事前にお電話いただければ、受診時間調整させて頂きますので、活用して頂ければと思っています。対象年齢は生まれたての赤ちゃんから成人まで非常に幅広いです。受診する際の目安となる症状は、新生児や乳児では哺乳時間が15分以上かかる、体重増加不良、顔色が悪い、呼吸が速い、汗をかきすぎる場合です。幼児以降では運動後の息切れが強い、むくみやすい、動悸を感じる場合、失神を起こす際には受診をお勧め致します。

 また、医療機関や教育機関等から小児循環器外来を受診することを勧められることがあります。例えば、出生時に産婦人科で心雑音や不整脈を認める場合、乳児健診で心雑音や不整脈を指摘される場合、小学校・中学校・高校で実施される学校心臓検診で心雑音や心電図異常で要精密検査対象とされる場合がございます。乳幼児期に川崎病に罹患され、心臓後遺症のチェックのため、高校生くらいまで小児循環器外来に受診するよう指導されることがあります。

 当院では先天性心疾患(心室中隔欠損症、心房中隔欠損症、動脈管開存症、ファロー四徴症等)、フォンタン循環、不整脈(心室性期外収縮、WPW症候群等)、心筋症、川崎病、弁膜症(僧帽弁閉鎖不全症、大動脈弁狭窄症、大動脈弁閉鎖不全症等)などあらゆる小児循環器疾患の診療を行っています。上記のような場合で、どの医療機関に受診してよかわからない際にはお気軽に相談下さい。先天性心疾患のお持ちの方は専門医療機関に定期受診することがほとんどですが、ちょっとした困りごとの際には基礎疾患の心臓との関連が心配になることも多いですので、そのような場合もお気軽に受診下さい。また、転居等で宮崎市内の小児循環器外来をお探しの方も宮崎市の医療事情を説明したうえで最適な専門外来のご案内を行っていますのでお気軽に受診下さい。

 当院は小児慢性特定疾患指定医療機関であり、様々な福祉制度を活用できるようにサポートすることを得意としておりますので、小児循環器領域の福祉制度でお悩みの方もお気軽に相談下さい。

 現在では先天性心疾患のこども達は医学の進歩により90%は成人に到達されます。よって、最近増えていらっしゃる「成人先天性心疾患患者」さんにも対応しております。具体的には、最近病院受診ができていない方、忙しくて薬を平日に取りに行けない方、専門医療機関に受診を希望する方にも対応しておりますので、お気軽に相談ください。

 当院では心臓超音波検査、心電図検査、レントゲン検査、ホルター心電図、その場で結果の出るBNP、PT-INR、血ガス、血液検査がございますので、しっかりとしたハード面の診療体制を整えています。

 こどもの心臓病で悩まれる方々の人生が輝くお手伝いをモットーに小児循環器外来を行っていますので是非、お越し下さい!

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME