メニュー

血液型!

 ABO血液型は、赤血球側(おもて試験)と血漿(血液液体の部分)側(うら試験)の両方を検査しその結果を照合して決定します。赤血球側の検査は赤血球膜上のA抗原(こうげん)、B抗原を検査するもので、たとえばA抗原だけ検出されるとA型と判定されます。一方、血漿側の反応は、抗A抗体(こうたい)、抗B抗体を検査するもので、たとえばA型の人は抗B抗体のみ検出されます。このようにABO血液型では規則的に抗原、抗体を持っていることから、血液型の決定には赤血球側(おもて検査)と血漿側(うら検査)をペアで行います。しかし新生児(生まれたばかりの赤ちゃん)ではまだ抗体が作られていないことに加え、お母さんから移行した抗体が反応することもあり、通常新生児では血漿側(うら検査)をせず赤血球側(おもて検査)だけを行います。また、新生児において赤血球膜上のA抗原、B抗原の強さは、新生児では成人の3分の1程度で2~4歳になって成人並みになると言われています。よく「新生児の時に検査した血液型が、大人になって変わる」と言われるのは、新生児の際に赤血球側検査(おもて検査)だけ行われた場合に、赤血球膜上のA抗原、B抗原が弱いために、A型やB型の方がO型と判定される場合があるためで、本当に血液型が変わってしまうのではありません。ただ、結果の正確性が少し低くなるため、多くの施設では出生時の血液型検査は行っていません。

では、いつ血液型の検査をすればいいでしょう?6か月は血液型の抗体が産生され始める時期、1歳は全ての児に抗体が産生される時期、3歳は赤血球膜上のA抗原、B抗原の強さが成人になる時期です。従って、正確な血液型の判定を求められるならば、4歳以上が望ましく、できれば小学生になる頃に再検査を受ければよいと思われます。当院ではワクチン接種の際には、無料で血液型検査(おもて試験)を行っていますので、お気軽に相談ください。その際、指先に小さな針を刺して1滴だけ血液を採取するため、お子さんの負担はほとんどありません。お勧めの時期は年長さんの時のワクチンです。なお、インフルエンザワクチン時は血液型検査をお受けしかねますのでご了承下さい。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME