メニュー

1歳健診

 誕生日を迎えると体重は生まれた時の3倍、身長は1.5倍ほどになります。この頃のこどもは、伝い歩きができ、早いこどもは1人で歩きます。なぐり書きをしたり、スプーンでものを食べようとしたりします。また、バイバイをしたり、「ねんね」、「おいで」などのことばの意味がわかったりするようになります。「ママ」や「パパ」などの意味のあることばが1-2語出るようになり、ほめられると同じ動作を繰り返すようになります。

 離乳の完了期で3回食がほぼ確立します。幼児食は量が少なくても偏らない食事、楽しい食事が大切です。強制せずに、あまり食欲がなくても、体重がそこそこ増えていれば大丈夫です。飲み物は、頬乳瓶ではなくコップで与えるように指導します。

 この頃のこどもは伝い歩き、ひとり歩きと行動範囲が次第に広がっていきます。また、何でも手当たり次第口に入れます。一方独立心が現れ始め、大人たちを驚かせます。これは反抗ではなく、正常な発達段階です。危険なことや悪いことは注意し、よい意味でのしつけを心がけ、正しい行動をしたときは褒めてあげましょう。

 またこの時期は家庭内での事故が発生し始める頃です。転落、ボタン電池の誤飲、熱傷、風呂場での溺水などには特に注意が必要です。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME